ニキビ女子必見!?ニキビ跡に効く最強ケアポイント

「ビタミン」をたくさん摂取しよう!

ニキビ跡の有効なケアとして挙げられるのが、「ビタミンの摂取」です。

ビタミンは、ニキビ跡の治すためには必要不可欠な「肌そのものの回復力」、つまり「自然治癒力」を養うために必要な成分であり、「クレーターニキビ跡」「(炎症を起こしている)赤ニキビ跡」問わずニキビ跡・ニキビケアともに有効であるため、積極的に摂取することをおすすめします。

基本的な接種方法としては野菜や果物などが挙げられますが、毎日摂取するのは簡単ではありません。そんな時は、「アセロラ系ドリンク」などの、少量で大量のビタミンを摂取することができる「ビタミンドリンク」を活用しましょう。また、化粧水や洗顔フォームなどにも「ビタミン」を多く含む製品も多くあるため、そういった肌から直接ビタミンを摂取する方法も有効です。

「日焼けを避ける」ためのケアをしよう!

ニキビ跡のケアなどにおいて必要なことのなかで、意外と知られていないのが「日焼けをしないようにする」ということ。

日焼け防止のケアをきちんと行わないと、ニキビによってできた傷が黒ずみ、それが定着してしまうほか、皮膚が硬くなってしまいなかなか肌の凹凸が治らなくなってしまうのです。またこれは、ケアが必要な10代~20代にはそれほど症状が出ず、歳をとるごとにどんどん症状があらわれてくるため、早期からのケアが必要です。

日差しの強い日は勿論のこと、日が出ていないくもりや雨、雪の日も強い紫外線が出ています。そのため、日差しが雲で遮られている日も積極的に「日焼け止めを塗る」「日傘をさす」「手袋をつける」などのケアを行うことが重要です。

ニキビ跡の一番の手軽な治療は、専用の化粧水を使うことです。また、不規則な生活を送らずに常に規則正しい生活を送ることです。治療には長時間の必要がありますが、投げ出さずに根気良く続けることが大事なのです。

This article was written by admin