実はこんなにたくさん!医療脱毛の種類とメリット・デメリットを知ろう!

医療脱毛ってどういう方法?

医療脱毛は文字通り、医師のいる医療機関で受ける脱毛のことを指します。

この場合の脱毛は医療行為なので、エステサロンとは異なります。エステで受ける脱毛は医療機関で受けるものより、光の出力やパルスなどが異なります。

医療脱毛はエステよりも高出力のレーザーも扱えるので、脱毛効果が高いです。施術時も麻酔を使うことができるので、痛みも軽減することが可能です。

また医療行為なので皮膚の状態を診断し、痛み対策や火傷のリスク回避などをしっかりと行ってくれます。

医療用脱毛は大きく4つに分かれており、レーザー脱毛・光脱毛・ニードル脱毛・高周波脱毛が挙げられます。それぞれ得意・不得意とする毛・部位があるので、自分の希望する仕上がりや脱毛箇所によって方法を選ぶようにしましょう。

痛みは嫌だけどしっかり脱毛したい!

脱毛時の痛みは嫌だけど、確実に脱毛をしたい!という場合には「ライトシェア・デュエット」がオススメです。

この方法は、メラニンにのみ反応するレーザーを当てることで毛根にのみ確実にアプローチをして脱毛を促します。

施術時の痛みを極力抑えることが出来る方法なので、痛みに弱い方や敏感肌の人でも安心して受けることができます。

また施術前に使うジェルも必要ないので、施術時間の短縮も可能にしています。

しかし、複数回の施術が必要となるので定期的に通える人でないとしっかりとした脱毛効果を得ることは難しいです。

費用は全身脱毛の場合40万円前後といわれていますが、希望する部位や毛根の状態などによっても異なります。

上野の脱毛の施術にチャレンジをするうえで、様々なプランが用意されているサロンにお世話になることで、リーズナブルな価格でムダ毛の処理をすることが可能です。

This article was written by admin